2013年04月28日

名古屋マック

名古屋マックへ行ってきました

名古屋マックとは、アルコール・薬物依存者のリハビリセンターです。

アルコール依存症を治すには、自助グループに入って互い支え合う事が必要。
仲間の言う事、考えはわかる。

AAプラグラムは12のステップをから作られ一年半で社会に戻れるプログラム。
迷惑をかけた人たちに埋め合わせをするプログラムが入っている。

大変を話す事が飲まない事につながる。

ということで、寮生活を送りお互いに励ましあいながらアルコール依存症から立ち直るための施設。


・アルコール依存症とは?

飲酒が習慣化し次第に飲酒しないと落ち着かなくなり(精神依存)、次にアルコール無しでは身体のバランスが崩れて、不眠や手の震え等の離脱症状が出現するようになる(身体依存)。

このように依存が進むとアルコールの飲み方を自分ではコントロールできなくなり、家族や周囲を巻き込みながら進行し、放置しておくと死に至る病気です。



アルコール依存症の人は220万人とも350万人とも言われている。

体質の問題で治らない。

アルコール依存症の患者は精神病院に入院することになるが、そこでもらう睡眠薬や安定剤がアルコールの代わりとなってしまう。

アルコール+薬物=何倍もの毒物としての効果になってしまう。
治すには止めるしかない。
しかし、やめられないのが依存症である。

飲まない事、我慢する事が切迫観念につながる。
ノンアルコールも飲まない。

名古屋マックには現在18名(男性のみ)が入居。
女性の施設も必要と考えているが、女性リーダーが育たない。
しかし、女性のアルコール依存症者は増えている。
酒だけでなく摂食障害など。


抗酒剤というのもあるが、飲んだふりをして飲酒をしてしまう。



-------------

 
◆名古屋マックのホームページ
http://1985nagoya-mac.com/
◆全国マック協議会
http://www7b.biglobe.ne.jp/~zen-mac/

◆アルコール依存症の治療プログラムで、AAと断酒会がありますが、明確な違いがよくわかりません。
ざっくりと違いを知りたいのですが?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1136562366




◆自助グループについて
アルコール依存症者のための自助グループには、断酒会と AA(アルコーホリクス・アノニマス、匿名断酒会とも訳されます)の二つがあります。

http://www.kochi-al.org/url/self_help_g.html#danshukai


◆ AA(アルコーホリクス・アノニマス、匿名断酒会とも訳されます)のホームページ
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/index.html

◆公益社団法人 全日本断酒連盟のホームページ
http://www.dansyu-renmei.or.jp/index.html
posted by taka at 00:00| 愛知 ☀| 議員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。