2012年06月30日

原発に必要な立地条件!?

原子力安全・保安院のホームページに

TOPページ > 原子力安全規制の業務内容 > 設計・建設段階の安全規制 > 安全審査
http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/sekkei/anzen.html

その中の立地の基本的な考え方→必要な立地条件というのが記載されています。

ここにはこのように書かれています。

「必要な立地条件」

◆大きな事故の誘引となるような事象が過去はもちろん、将来も発生する可能性がないこと。
 また災害を拡大するような事象も少ないこと。
◆原子炉 は、その安全防護施設との関連において十分に公衆から離れていること。

◆原子炉 の敷地には、その周辺も含め、必要に応じて公衆に対して適切な措置を講じうることのできる環境にあること。

次に

<確認事項> 一部抜粋

3.地盤:敷地の地盤について試掘坑調査などを行い、地盤の性状を把握し、これらに基づいて地盤が十分に安定していることを確認します。

4.水理:敷地において津波や洪水による影響を受けないことを確認します。

5.地震:敷地周辺における過去の地震や活断層の調査結果などにより、耐震設計に考慮する地震を選定します。

最後に

原子力の立地地点はひとことでいえば・・・

・地震、風、津波、地滑りなどにより大きな事故が発生しないところ。
・原子力発電所と公衆の居住する区域との間に適切な距離が確保されているところ

と書かれています。

この条件をそのまま当てはめると・・・日本に原発は作れるのでしょうか?

posted by taka at 21:57| 愛知 ☔| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする