2015年02月08日

安倍晋三総理を救う道は、ただ一つ、経済理論のスタッフをすべて取り代えるしかないこと


◆原 優治氏のフェイブック記事を転載させてもらっています


自民党内部で大きな分裂が起きつつあります。この分裂は既に起きていなければならなかったのですが、政権維持のために必死に我慢してきたのです。しかし、アメリカが、TPPを通すべく新自由主義で国内をまとめるようにと迫ってきており、安倍晋三総理は、これを自民党が受け容れるために遂に立ち上がったのです。

新自由主義者は徹底した個人主義に則(のっと)っています。伝統的保守主義者は、日本古来の共同的集団主義に則(のっと)っています。

だから両者とも究極的には一緒にやっていけないのです。なお、新自由主義者は企業の集団主義的いき方を徹底的に否定しようとしています。今、農業においても企業においても、二つの思想がぶつかって大混乱が起きているのです。

伝統的保守主義は効率性の面ではたいへん問題ありますがなんとか継続可能性があり。事実、日本を永きに渡ってリードしてきています。
続きを読む
posted by taka at 07:48| 愛知 ☁| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。